仕事辞めたい














































私自信もブラックな会社に勤めていた事があり、どれほどの企業がブラックな会社かというのは痛いほどわかっています。

一番目にサービス残業地獄の会社は辞めた方がいいです。




サービス残業が常態化し、それが自然であると思っていくメカニズムとしては、周囲がサービス残業をしていてそれにつられて自らもサービス残業をするところから始まります。

はじめのうちは早く帰りたい、なぜ誰も帰らないのかと思っているものの、段々とそれが常態化し、後輩などが早々に帰ろうとするとイライラしてしまえば、完全に毒されている様子です。






こうしたサービス残業地獄は、たいていの場合は法人の経営者、上司などが業務人間である事が要因であり、業務をしている時が長いのが正しいというありがたみ観を持った人が上司などにいるとサービス残業地獄になりやすくなります。

そのような上司はパフォーマンス的に業務をする事を嫌うため、長い時業務をしている振りをする事が求められ、段々とそうした事をするようになります。

当然ながらそのような法人はロクな会社ではないため、辞める事をイチ押ししますが、私自身も本人の意志でサービス残業をしていた時分があり、毒されてしまいがちです。

セクハラ・パワハラに関してもしょっちゅうに行われています。






特にパワハラは会議などでよく見かけ、私自身も会議で吊るし上げを受けた事があります。

ただ、この吊るし上げは人によってはパワハラと感じる人もいれば、タフな人はそこまで思わない人もいます。

私はタフではないため、吊るし上げを受けた時はかなり落ち込みましたが、怒られ役の人をスペシャルに吊るし上げて、周囲に知らしめるというのが一般的な方針です。




日本ではこうした方針が自然のように行われていましたが、世の中的に見ても全く非パフォーマンス的であるため、なくなってくれ慣習と言えます。

理不尽難題な目標を強要するのもブラックな会社の着眼点です。






私が担当した営業所は以前は売り上げがよかったものの、段々と落ち込んできたところであり、人口自体も右肩上がりというところではなく、どんどん流出するようなところでした。

にもかかわらず、求められている目標は高く、到底遂行できないような目標を提示させられ、所信表明を行い、その目標を必ず遂行できるなのか、厳しく問われました。

その上、目標を設定するケースに、この計算式に沿って数値を出すようにと法人からメールが来て、半ば強制的に目標の数値設定を強制させられた記憶があります。

休暇は一応ありますが、営業所によっては決まった的働くような人もいれば、ちゃんと休む事を甘いと思う人もいたため、一流会社を振って休むという事がしにくかったのを覚えています。

私は営業所を任される事になる前は、キッチリと休みをもらっていましたが、任されてからはそんなに休まなくなりました。








休んだとしても遠出をする事はおおかたなく、お休みは住宅の中で1日中お酒を飲む、競馬をするぐらいしかしませんでしたが、自由な時があるだけでも十分よかったため、そこに質問を感じませんでしたが、実のところ思えばおかしかったと感じます。

後で人事の人に聞いた話ですが、面接のケースに福利厚生の質問をした人は如何なる人であれ落とすというのがルールとなっていたようです。





それにより、黒法人かホワイト企業かを見極めるには、福利厚生の質問をする、給与や休みについての質問をする事をイチ押しします。

こうした意識が高い人が入られるとブラックな会社は嫌がります。







ホワイト企業は労働者の権利を尊重するのは自然だと思っており、きちんとと教えてくれます。

ところで私は、社員旅行は楽しいですか?と質問して、こいつは入っても不安なしだと思われたようです。




私が法人を辞めた要因は、健康状況を崩したのがすべてです。

重圧がかなり強く、決まった的のようにお酒を飲み、ビタミン剤を飲みながら過ごしていたため、具合が崩れていった事、更に、複何回か、営業所の譲渡を経験し、相手の会社との折衝を担当し、一から環境整備を行っていき、フォローが何1つなく、毎日数十キロの車置き換えを強いられた事もきっかけとしてありました。






おかげでペーパードライバーだった車の運転にも慣れ、車置き換えが苦にならなくなったのは感謝しますが、辞めざるを得ない状況に追い込まれたのは無論だったと実のところを振り返って感じます。

業務辞めても死なないというのは、実のところ辞めてみて感じた事です。

自由に実のところは業務をしており、その重圧がなくなりましたが、電話を取る事は目下でも苦しみであり、緊張してしまいます。




豊富にと大変な考慮しをし、それを克服するのに時がかかっていますが、その一方で満喫した定期的を送っています。






あれを乗り越えていれば、おそらく辞めるにも辞められない状況であり、辞める時には多くの人に嫌がらせをかけた事を反省していますが、このいたずらをかけた事を反省するという姿勢がブラックな会社で働く事をよしとする姿勢につながるため、気を付けています。
















































仕事辞めたい 理由とは







転職をする理由はキャリアアップ・高収入・人間関係や待遇など様々ですが・・


次に就職する会社は今よりいい会社であってほしい・失敗しないために


転職サイト・エージェントを活用することをおすすめします。


1人で転職活動をするより後ろ盾があった方が心強い


面接や職務経歴書の対策相談ができる転職エージェント





転職サイトランキング













リクナビネクスト





リクルートグループが運営する『 国内No,1 』の転職サイト



転職求人案件が豊富でまずはどんな求人があるのか調査するのにおすすめ


余裕があれば職務経歴などを登録しておくと企業からオファーがくる場合あり



スカウト機能を利用してご自身の市場価値を調べるのにも使えます。



オファー内容に年俸などが記載されており、今の年収と比較して高ければ



転職するのも一つの手段ではないでしょうか。



またご自身の強みを発見するためのグッドポイント診断など転職活動に使える



お役立ちツールが無料で使えます。




うまく利用してみてはいかがでしょうか。





リクナビネクスト 詳細はこちら





https://next.rikunabi.com/






リクルートエージェント




転職実績No.1の人材紹介会社


初めての転職・転職に失敗した気がするなど不安な方へおすすめ


また今の会社に残るべきか・転職すべきか悩んでいる場合


カウンセリングを受けることをおすすめします。


キャリアアドバイザーが客観的なアドバイスをしてくれます。


非公開求人も豊富で一般的な転職サイトでは見ることができない案件の紹介


面接・職務経歴書対策など様々なサポートが充実




リクルートエージェント 詳細はこちら




https://www.r-agent.com/





パソナキャリア




パソナグループの人材紹介サービス。「正しい転職」を実現するために



各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度からキャリアコンサルティング



求職者の方の強みや希望を考慮し、業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人の中から



キャリアプランを実現するための求人を提案



履歴書・職務経歴書などの書類の書き方、企業毎の面接のアドバイスなどサポート体制も充実。




パソナキャリア 詳細はこちら




http://www.pasonacareer.jp/





DODA





業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが求職者のキャリア・


お持ちのスキルを総合的に判断


現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理


「できること」と「やりたいこと」が合致する理想のキャリアを目指し


現実の企業と求人とを照らし合わせながら選択肢を探るので


自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うこともあります。


書類選考で損をしないように・・


人事担当者をひきつける履歴書・職務経歴書を書くためのアドバイス


面接に不安を感じる方のために


模擬面接・終了後のフィードバックもあります。




DODA 詳細はこちら




https://doda.jp/